信濃町教会        
トップページ リンク アクセス
われらの志 信濃町教会の歴史 礼拝 牧師紹介 集会 教会Q&A  
説教集 用語解説 教会学校 会堂について スケジュール

  ショートメッセージ  
   
 
 

◇蓮見和男先生からのショートメッセージ

~2008年5月18日 春の特別伝道礼拝のために~

 

《メッセージ:神からの逃走》

キリスト教会では、人びとを「神に招く」礼拝が中心なのに、
どうして「神からの逃走」なのでしょう。
不思議に思われる方もいるのではないでしょうか。
しかし、私自身、生涯の間に、 大きなもので三度、「神からの逃走」を試みました。
一度は中学生の時です。また次は、東京外語のドイツ語部に在学していた時、
仏教のお坊さんの息子と話していた時、教会を離れました。それだけではなく、
牧師になってからも、一度、「神からの逃走」を試みました。

そのことは、伝道集会の中で、詳しくお話しいたしますが、
スイスの医者で著作家のマックス・ピカートは、
鋭い現代批判の書『神からの逃走』を書いています。
その本の初めに、アウグスチヌスの言葉が引用されています。
「神の顔を逃れてどこに行こうとするのか。どこに逃れんとするのか。
それを逃れんと欲するなら、自己自身へと逃れよ。
自己自身から隠れることによってではなく、
告白することによって自己自身へと逃れよ。
なぜなら、汝は隠れることはできない。だた、告白することができるだけである」。

逃走中の人も、逃走など思ってもいない人も、聞いてください。
「神からの逃走」を通して神を語りたいのです。

蓮見和男(はすみかずお)

信濃町教会出身関係教職。1925年、東京生まれ。1951年、日本基督教神学専門学校(現東京神学大学)卒業、1992年まで日本基督教会仙台黒松教会牧師、1992-98年、ドイツで伝道、研究に従事、現在は世田谷千歳教会で牧師として活動

<--ショートメッセージのインデックスに戻る
 
Copyright (C) 2005 Shinanomachi Church. All Rights Reserved.